必要な施設|社宅の存在が社内厚生として有効|ワークフローシステムを活用

社宅の存在が社内厚生として有効|ワークフローシステムを活用

婦人たち
このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な施設

レディ

データセンターに求められる要件の遷移

過去から現在に至って、データセンターは高価で貴重なシステム資産であるメインフレームを安全に運用するために、もはや欠かすことのできない施設である。地震対策に加えて防火・停電を想定したシステムダウンを回避するために自家発電設備も備えている。オープン系システムへと移り変わるなかでデータセンターの役割も変化していっている。現在、データセンターに求められる要件としては、ネットワークの接続性である。どのくらいのネットワークの帯域が確保されているのか、接続先への通信の確保はされているのかがデータセンターを選定する上での重要ポイントとなっている。また、セキュリティの面において、データの改ざんや不正持ち出しを防ぐために入退室管理や監視体制がとられている点も大きなポイントとなる。

コストバランスについて

そもそもデータセンターが普及した背景として、コストパフォーマンスの効率化が上げられる。高速化が進むなかで社内にサーバールームを設置し自前で設備をつくるよりも外部のデータセンター内のラックに構築してしまったほうが安価に抑えられるというメリットがある。 また、最近では自社構築するのではなくクラウドサービスに一任するという考え方も主流になってきている。使用した分だけのサービス料を払うクラウドサービスの場合、徐々にユーザー数を拡大していくような業態にはフィットすることができる。ただ、使用した分だけ支払額が増えるという点で懸念点が残るため、自社構築したシステムを無駄なく活用したほうが、コストが抑えられる場合もある。いずれにしても市場動向に注意して柔軟に対応することが担当者には求められる。