データを重視する|社宅の存在が社内厚生として有効|ワークフローシステムを活用

社宅の存在が社内厚生として有効|ワークフローシステムを活用

婦人たち
このエントリーをはてなブックマークに追加

データを重視する

PCを操作する男性

データを重視した方がよい会社もある

何事においてもデータというのは客観的事実の積み上げであり、勝負事の予想をビジネスにしている会社などは、そういったデータ管理を専門とするデータセンターのような部署を作った方がよいのです。データセンターでは膨大なデータを集計管理し、分析の際に必要なデータだけを瞬時に引っ張ってこれるような体制をとっておきたいものです。例えば競馬の予想販売をビジネスにしている会社ですと、積み上げて蓄積されたデータは予想の際の強力な武器になります。的中の確率の高い馬券術が見つかれば、予想が的中し、その評判で出版物も売れるようになります。これには自社で掴んだ独特の切り口でデータ分析することが必須です。他社との差別化が必要です。

感覚での予想はしない方がよい

人間の頭で思っている間隔と実態は違うことがあります。これもデータセンターを作って分析すると分かることなのですが、競馬の1番人気馬が2着までに入る確率は50%です。感覚的に言うとこれは少ない気がするものです。馬券を買う際、1番人気を外して馬券を買うことは非常に怖く感じるものですが、実際は半分の確率で3着以下に落ちている訳ですから、それほど人気馬にこだわる必要がないとも言えるのです。このようなデータセンターを基地を作った方がいい例は他にもいろいろあるのです。どの分野の仕事でもデータに頼って業務を遂行する方が納得性も高いのです。感覚や思い込み重視で仕事をすると、方向性を間違えることもありますので、なるべくならしない方が無難です。