社宅の存在が社内厚生として有効|ワークフローシステムを活用

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

利点があります

メンズ

メリットとデメリット

社宅完備の企業で働く人にとっての一番のメリットは家賃が格安だということです。そのほかにも敷金や礼金の必要性がないなど金額面に関して社宅は破格に優遇されています。メリットがある分デメリットもつきものです。社宅は務めている企業が管理している住宅なので隣近所が会社関係者に囲まれて生活をすることになり人間関係に気を遣うことが必要になります。上司と部下の家庭が近所ということで職場以外でも上下関係が確立してしまうことが避けられない状況になります。付き合いがうまくできなければ大きなトラブルに発展する可能性も秘めています。しかしマイホームを早く持ちたい人などは家賃が安い分貯金に回せるといった金銭的優遇を確実に得ることができます。

変わりゆく社宅の現状

社宅を建設して社員に貸し出す企業もありますが、賃貸物件を企業が借り入れて社員に社宅として提供することも最近は増えています。特に地方などに支店や営業車がある企業に言えることですが、人員削減をして規模を小さくした時など社宅建設をせず物件を賃貸し社員に社宅として提供をするようです。社宅を所有することで発生する細かな経費がありますが、賃貸物件を借りることで経費削減につながるからです。また、廃止する企業も増えています。住宅手当として社員に現金で支給をし補う形をとっています。個人保護法の成立以後プライバシーの侵害の恐れやパワハラやセクハラなどが社会問題として広がっていることも社宅の減少につながっているといえます。時代の変化に影響を受けている現象の一つです。

ワークフローシステムの導入

企業内において、業務のワークフローを明確化しておくことは大切な作業です。それを実現してくれるシステムがワークフローシステムです。このシステムを利用することにより、企業内で業務に対する認識を共有することができます。認識誤りによる作業効率の悪化を防ぎ、更なる効率アップへ転じることができるのです。ワークフローシステムについて着目してみてはいかがでしょう。

PCを操作する男性

データを重視する

何事においてもデータは大切なモノです。そのデータ管理を專門とするデータセンターの様な部署を作ったほうが、今後の武器になります。必要な情報をまとめて自社の強みにしましょう。

レディ

必要な施設

データセンターを活用することで、メインフレームを安全に運用することができる。データセンターは、地震対策はもちろんのこと、防火、停電を想定したシステムダウンを避けるために、自家発電設備が整えられている。

男女

時差なく共有可能

ビジネスを円滑に進めるには、情報共有の早さがものを言います。専用ツールなら、スピーディーに業務の注意点や新ルールを時差なく通知できるので利便性が高いのは確かといえます。